カテゴリー

地域発ドラマを見て、ヤシカエレクトロ35を想う

ウィキペディアより(画像はエレクトロ35GSN)

私が最初に手にしたカメラは、メーカーもモデルも覚えていません。物心ついたころから家にあったもので、ブローニーフィルム用で、フォーマットは6×6でした。ライカのように高価なものではなく、持った感じもどちらかと言えば軽かった記憶があります。茶色い皮のケースに入っていました。その皮の匂いに子供の頃の記憶が重なります。

2番目に手にしたカメラが「ヤシカ エレクトロ35GS」でした。絞り優先EEを採用したレンジファインダーカメラです。当時の「YASHICA」は紛れもなく日本のカメラのトップブランドで、このエレクトロ35シリーズは世界で500万台を超えるヒット商品となりました。確か、テレビのCMも流れていました。「この世界を~、残しておこう~、思い出の中に~、ヤシカ~、ヤシカ~!」と今でも歌えます。しっかり刷り込まれていますね。

先日、「NHKオンデマンド」で番組を物色していたら、「ピンぼけの家族~信州発ドラマ」という番組を見つけました。写真をモチーフにした家族ドラマで、主人公の亡き祖母が暮らした信州・諏訪の町と、以前町にあった大きなカメラメーカーの工場と、それに関わった町の人々の過去そして現在が、今そこに暮らしている人々も登場して「写真」を通して描かれていきます。(NHKオンデマンド 「ピンぼけの家族~信州発ドラマ」)https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020106430SA000/?np_banID=top_sp0006_106430

その主人公が、祖母の遺品として手にしたカメラが「ヤシカエレクトロ35」でした。淡々としたストーリーでしたが、私の子供の頃の記憶を呼び覚ましてくれたこともあり、共感を持って観ました。カメラの修理が終わってフィルムを巻き上げ、シャッターを切るシーンがありましたが、思わず、「おー、これ、これ、!」と思いました。堅牢さも売りにしていたので、ズシリと重い感じも覚えています。

ヤシカは、その後カール・ツァイスと提携して「コンタックス」ブランドのカメラを発売します。(このドラマにもコンタックスに関わった方が出演されていました。)コンタックスと言えば高級機のイメージが強く、当時の私にはとても手が届くようなカメラではありませんでした。写真雑誌の広告を見ては、別世界の代物と思ったものです。その後、経営面での不祥事にオイルショックが重なり、ヤシカは経営破綻に追い込まれてしまいます。京セラと合併後「ヤシカ」ブランドは徐々に「京セラ」ブランドに移行し、京セラがカメラ事業から撤退した後は、香港の企業に商標権を売却したようです。2年ほど前、エレクトロ35がクラウドファンディングでデジカメとして復活したと少し話題になりましたが、トイカメラ感覚の商品のようで、私の食指は動きませんでした。

私が使っていたエレクトロ35GSですが、広角・望遠・接写用アダプターなども購入し、白黒やカラーネガでいろいろ撮りました。その後、私自身の興味は模型飛行機、音楽へと移り、高校では野球部に入ったので、頻繁にカメラを使うことは無くなりました。エレクトロ35との付き合いは長く、20代前半、ジャンクになってしまうまで続きました。20歳過ぎからは自転車旅行が趣味となり、そのお供にこのカメラが復活しました。ただそのことで落下や水没の機会が増え、結局使用不能になってしまいました。引っ越しの際に処分した為、今は手元にはありません。その後私は、偶然コンパクトカメラ「京セラTD」を手にすることになるのですが、何か「縁」のようなものを感じます。このあたりの事情は、別の機会にお話し出来ればと思います。

このカメラで撮ったネガはかなり残ってはいますが、いずれもひどく退色しています。いつになるか分かりませんが、アーカイブスと称してご紹介できればと思っています。エレクトロ35はヒット商品だったこともあり、今でも比較的容易に手に入るようです。買ってみようかな・・・。

YASHICA エレクトロ35GS  絞り不明 フジカラーFⅡ 退色ネガをスキャン 上高地にて

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

夜行寝台
初めまして!! 夜行寝台です。ご訪問頂きありがとうございます。 昭和生まれの60代、横浜北部で生まれ育ち、30~40代は世田谷に移り、 40代後半から現在は八王子に暮らしています。 主に、写真現像の現場に関わってきましたが、撮影のスキルはと言うと ・・・です。 昨年の定年を機会に、ストックフォトサイトへの投稿を始めました。 その中で、「撮る」ことが新しい気付きや出会いに結び付くことを 改めて知りました。 このブログでは、そんな小さな発見を発信していけたらと思っています。 簡単に言うと私のモットーは「犬も歩けば棒に当たる」です。 それが「一期一会」になることを祈って・・・。 最近は「数打ちゃ当たる」になってしまっていますが・・・。 デジタル様様です。 よくある写真ばかりですが、何かのお役に立てれば幸いです。 どうぞ宜しくお願い致します。